オーデマ・ピゲ | 革新の先駆者にして成功者

LINEで送る
Pocket

オーデマ・ピゲ

今なお最高傑作と言われているタイムピース「ロイヤルオーク」を作り出した「オーデマ・ピゲ」は、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと並んで世界三大時計ブランドとして多くの人にとって、シンプルでありながら実に革新的で個性的なタイムピースと言えるのではないでしょうか?
今回はそんな「オーデマ・ピゲ」の魅力をご紹介したいと思います。

オーデマ・ピゲの歴史

オーデマ・ピゲの歴史が刻み始められたのは1875年にスイスのジュウ渓谷になります。
ジュウ渓谷は、森や水、鉄鉱石など実に豊富な天然資源がある場所です。オーデマ・ピゲはジュウ渓谷の自然に恵まれた環境から多くのインスピレーションを受け取りながら、革新的な時計作りを進めて行くことになります。
オーデマ・ピゲの長い歴史の最初のページはジュール=ルイ・オーデマとエドワール=オーギュスト・ピゲによって刻まれることになります。
設立当初に製作されたものは、どれもオーデマ・ピゲが得意とする機能であるチャイミングのメカニズム、クロノグラフ、アストロノミカル・コンプリケーションを取り入れたものでした。
オーデマ・ピゲは創業以来ファミリー・ビジネスとしての精神に基づいた経営が続けられている時計メーカーになります。
そしてオーデマ・ピゲの精神である「To break the rules, you must first master them」に基づき、時計師たちは技術的、理論的な限界を打ち破ることによって、より複雑で革新的で素晴らしいメカニズムを創作し続けて来ました。
オーデマ・ピゲの職人達は、既にある型を打破するために、既存の型を習得して来たと言われています。
この精神は、歌舞伎役者故十八代目中村勘三郎さんが好んだ「型があるから型破り、型がなければ形無し」に相通じるものがあるように思えます。

最高傑作と言われている「ロイヤルオーク」

オーデマ・ピゲと聞くと「ロイヤルオーク」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
「ロイヤルオーク」は、世界最初のステンレススティールで出来た高級スポーツ腕時計として1972年に発表されたモデルになります。発表当時、ステンレス製の腕時計はありませんでしたので、素材においてもいかに革新的なものであったかお分かり頂けると思います。
八角形のベゼルとそれを固定する六角形のスクリュ―はシンプルでありながら実に個性的なデザインになっています。世界最薄の自動巻のムーブメントにはセントラルローターが装備されています。ダイヤルにはギヨシェ彫りとスパイラル模様による装飾が施されています。
その後、ロイヤルオークのモデルは素材をステンレススティールからカーボンライト、チタン、アラクライトなど時代の先端ともいえる革新的な素材を使用したモデルが発表されています。これらのデザインはいずれもジェラルド・ジェンタ氏によって行われています。
また、常に革新的な機能が搭載され続けています。「ロイヤル オーク RD#2」には世界最薄の自動巻きパーペチュアルカレンダーが搭載されています。

ロイヤルオーク おすすめモデル3選


オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク クロノグラフ
オーデマ・ピゲ
AUDEMARS PIGUET
ロイヤルオーク クロノグラフ
26320ST.OO.1220ST.02


オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク ロイヤルオーク デュアルタイム
オーデマ・ピゲ
AUDEMARS PIGUET
ロイヤルオーク ロイヤルオーク デュアルタイム
26120OR.OO.D088CR.01


オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク
オーデマ・ピゲ
AUDEMARS PIGUET
ロイヤルオーク
15450SR.OO.1256SR.01

音へのこだわりから誕生した「ロイヤルオーク コンセプト スーパーソヌリ」

時計でありながら、音へのこだわりを表現している「ロイヤルオーク コンセプト スーパーソヌリ」は、大変ユニークで唯一無二の存在とも言えるのではないでしょうか?
ロイヤルオーク コンセプト スーパーソヌリは、音を鳴らして時を告げる機能へのこだわりが生んだモデルと言えるでしょう。そのこだわり具合は、弦楽器作りに匹敵するほどです。
音の吸収を妨げ音響を増幅させるために設計されたケースには良い音質を作り出すために様々な工夫が施されています。
従来のミニッツリピーターの場合、時を告げるための鐘はプレートに固定されていましたが、ロイヤルオーク コンセプト スーパーソヌリでは、鐘はムーブメントの下部にある音響板装置に取り付けられています。この位置に取り付けることによって、鐘の振動は音響版に直接伝わり音質を損なうことなく伝えることが可能になっています。

記念モデル「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド」

オーデマ・ピゲがレディース ロイヤル オーク40周年を記念して発表した「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド」はフィレンツェのジュエリー技法に基づいてデザインされています。
この技法の特徴は、工具の先端にダイヤモンドが取り付けられた専用の工具で仕上げを行ないます。この技法を使うと、金の表面に繊細なテクスチャーが施されて、ダイヤモンドダストのような独特の美しい輝きを放つようになります。
ロイヤル オーク・フロステッドゴールドはジュエリーデザイナーであるキャロリーナ・ブッチとのコラボレーションによって生み出されました。
オーデマ・ピゲはこれまでも、ジュエリー技法を用いることで、他に類をみない優美なデザインを表現して来ましたが、ロイヤルオーク・フロステッドゴールドの製作によって、スポーツウォッチでありながら優美な世界も体現する更なる次元へ歩みを進めたと言えるのではないでしょうか?


オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク フロステッドゴールド 世界限定200本
オーデマ・ピゲ
AUDEMARS PIGUET
ロイヤルオーク フロステッドゴールド 世界限定200本
15410BC.GG.1224BC.01

<ただ今在庫切れ>

今回はオーデマ・ピゲの「ロイヤルオーク」モデルについてご紹介して来ましたが、創立者のひとりであるジュール・オーデマへのオマージュとしてのコレクション「ジュール オーデマ」、オーバル型のケースでオフセンターのダイヤルが特徴的な「ミレネリー」、オーデマ・ピゲの時計作り技術の粋を集めた懐中時計「クラシック」と、魅力的なコレクションが数多くあります。