安心のゆきざき公式通販サイト

サントス / カルティエ

LINEで送る
Pocket

一世紀を超える歩み

今でこそ当たり前になった“腕時計”というアイテム。それは1904年に発表された

カルティエのサントスだった。それ以前にも腕時計らしきものはあったが、

腕時計と言う一つのジャンルとなったのは、サントス以降の事だ。

その為、世界初の腕時計と称される事は、理解することが出来る。

サントスという名前は、依頼主の名前に由来する。ブラジル出身の富豪、

アルベルト・サントス・デュモンは、飛行機を操縦する際、

簡単に時計を確認できる時計が必要だった。

当時の飛行機は技術が乏しく両手で重い操縦桿を支えるのが厳しかった。

その為、時刻を確認することが難しかったのだ。彼はその悩みを友人のカルティエに託した。

この頃3代目のルイ・カルティエはケースとストラップを一体化したサントスを完成させたのだ。

サントスは、あえて時計を四角くすることで、文字盤が大きくなり視認性が高まった。

そしてストラップを固定するラグは、ケースとの一体型に改められた。あえて一体型にしたのは、

強い衝撃を受けてもストラップが外れにくくするためだ。

そして何より、飛行機を操縦する為だけではなく、

パリの一流レストランでも使えるようなデザインに仕上げた。

それが、ルイ・カルティエのセンスであり、どこでも使える腕時計を目指したサントスは、

今や当たり前になったラグジュアリースポーツの先駆けかもしれない。

今やカルティエのみならず、腕時計のアイコンとなっているサントス。

実物は、史実より明確だ。

LINEで送る
Pocket

安心のゆきざき公式通販サイト